2015年5月13日水曜日

JBoss BPM Suite クイックガイド: JBoss EAP 6.4 を使ったアプリケーションをビルドするには

原文: JBoss BPM Suite Quick Guide: Changes You Need for Building Applications with JBoss EAP 6.4 Modules by Eric D. Schabell

今週の tips & tricksは、4月16日(木)にリリースされた JBoss BRMS 6.1についてご紹介します。

以前の記事でもご紹介しましたが、この新しいリリースには、いくつもの興味深い新機能が含まれています。

JBoss Demo Centralで公開されているデモプロジェクトのアップデート作業をする際、Cool Storeデモのウェブアプリケーションのコードは、JBoss BRMS 6.1のベースプラットフォームである JBoss EAP 6.4を対象にビルドした方が良いと気づきました。

Figure 1: JBoss EAP 6.1に含まれる JBoss BRMSモジュール
以前のバージョン( JBoss BRMS か JBoss BPM Suite)をインストールした際に生成されるモジュールに対し、ウェブアプリケーションをビルドされる場合、モジュールは JBoss EAPサーバーの modulesディレクトリにありました。パスは figure 1をご確認ください。

figure1は、JBoss BRMS用の図となりますのでご注意ください。JBoss BPM Suiteでも同様の階層構造になりますが、フォルダー名が brmsではなく bpmsとなります。

JBoss EAP 6.4をベースとした JBoss BRMS 6.1 か JBoss BPM Suite 6.1に対し、同じ maven configurationであなたのプロジェクトをビルドされた場合、うまくいかない事に気付くでしょう。

figure 2にある JBoss EAP 6.4の modulesディレクトリーを figure 1と比較すると、理由がわかるはずです。

layers配下に、インストール時に生成されるモジュールがありません。ビルドされたいプロジェクトの maven configurationを修正し、JBoss Maven リポジトリーから依存関係を取得する必要があります。

Figure 2: JBoss EAP 6.4にはモジュールが無い
修正方法が気になりますよね。

ほんの数分で Maven configurationを修正できます。簡単ですよ。

以前の記事で、JBoss Mavenリポジトリから依存関係を取得する方法をご案内しました。今回は完結に、configurationに記載すべきコードをご案内します:

<repositories>
 <repository>
  <id>jboss-maven-repository</id>
  <name>JBoss Maven Repository</name>
  <url>http://maven.repository.redhat.com/techpreview/all/</url>
  <layout>default</layout>
  <releases>
   <enabled>true</enabled>
   <updatePolicy>never</updatePolicy>
  </releases>
  <snapshots>
   <enabled>false</enabled>
   <updatePolicy>never</updatePolicy>
  </snapshots>
 </repository>
</repositories>

<pluginrepositories>
 <pluginrepository>
  <id>jboss-maven-repository</id>
  <name>JBoss Maven Repository</name>
  <url>http://maven.repository.redhat.com/techpreview/all/</url>
  <layout>default</layout>
  <releases>
   <enabled>true</enabled>
   <updatePolicy>never</updatePolicy>
  </releases>
  <snapshots>
   <enabled>false</enabled>
   <updatePolicy>never</updatePolicy>
  </snapshots>
 </pluginrepository>
</pluginrepositories>


ビジネスの自動化を検討されていますか?
configurationの設定が終われば、依存関係を取得できるはずです。以前 JBoss BRMS/BPM Suiteのベースとなる JBoss EAP 6.1の modulesディレクトリから依存関係を取得されていた方は、JBoss Mavenリポジトリを使い同様のことが実現できるわけです。

この記事についてご質問がある方は、気軽にコメントをください。

原文: JBoss BPM Suite Quick Guide: Changes You Need for Building Applications with JBoss EAP 6.4 Modules by Eric D. Schabell

2015年5月4日月曜日

JBoss BPM Suite クイックガイド - Realtime Decision Serverを使ってみる

原文: JBoss BPM Suite Quick Guide - Getting Started with the Realtime Decision Server by Eric D. Schabell

(この記事は、北米在住の Red Hat シニアソリューションアーキテクトである Jey Paulrajの執筆記事から一部抜粋しています)

JBoss BPM Suiteの最新リリースである 6.1*には、ルール、イベント、プランニングなど多数改善が含まれています。1度にたくさんのアップデートについて話すのではなく、興味をお持ちいただけるトピック毎にアップデートを紹介した方が良いと考えました。

この記事では、ビジネスルールを実行する為の統合プラットフォームである Realtime Decision Serverコンポーネントに焦点をあてます。
Rule Execution Server のアーキテクチャー

ルールを使ったほとんどのプロジェクトでは、ルールを記述するだけでなく、アプリケーションでルールが想定どおりに利用されているか確認する為に実行コード(最低でもテストコード)も実装する必要がありました。ルール作成者とアプリケーション開発者は緊密に連携する必要があったのです。

Realtime Decision Serverがあれば状況は改善します。ルールオーナーは提供されたツールでルールを記述し、JBoss BPM Suite上の business-centralでルールプロジェクトをビルドできます。同じく JBoss BPM Suite上にある実行コンテナへプロジェクトをデプロイできます。

提供される実行コンテナは 完結した(self-contained)環境であり、コンパイルされたルールパッケージのインスタンスとデプロイされたルールインスタンスを保持する為に提供れています。また、RestAPIを使いルールの実行が可能です。これにより、アプリケーションはシームレスにデプロイされたルールを利用することが可能です。

JBoss BPM Suiteプロジェクト内で、ルールの開発とルール実行用のアプリケーション開発をきれいに分離できることを意味します。

バックグラウンド
Realtime Decision Serverは、webアプリケーションアーカイブ(WAR)形式で提供されています。JBoss BRMS/BPM Suite 6.1 の deploymentsディレクトリ配下に、kie-server.war というファイル名で配備されています。

実行サーバーにアクセスするには 別途ロール(kie-server)をログインユーザーに付与する必要があります。JBoss BPM Suite サーバーの下記パスにある application-roles.properties にロールを追加してください:

jboss-eap-x/standalone/configuration/application-roles.properties

もし JBoss Demo Centralで公開されている JBoss BRMS もしくは JBoss BPM Suite デモプロジェクトをご利用されている場合、すでにロールが該当設定ファイルに付与されているのに気づかれるはずです。

Realtime Decision Serverを使用する為に必要な作業をまとめます:
  • deployment – kie-server.war が JBoss BPM Suite の deploymentsディレクトリに設置されていることを確認
  • user role – JBoss BPM Suite サーバーの設定ファイル application-roles.properties にロール(kie-server)を追加
プロジェクト
Realtime Decision Serverを簡単にお試しいただく為のデモプロジェクトを用意しました。プロジェクトには、step-by-stepの説明が含まれているので、あなたご自身の Raltime Decision Serverを作りあげるヒントとなるでしょう。

以下に記述する簡単な作業で、プロジェクトをセットアップできます:
  1. ダウンロードして解凍
  2. installsディレクトリに製品を配置
  3. 'init.sh'もしくは 'init.bat'ファイルを実行
  4. ./target/jboss-eap-6.4/bin/standalone.sh を実行し、JBoss Serverを起動
  5. http://localhost:8080/business-central にログイン

    - admin, analyst ロールを持ったユーザーでログイン (u:erics / p:jbossbrms1!)
Realtime Decision Serverが下記 URLで稼働していることが確認できます:

http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server.

Realtime Decision Serverを利用する為、ルールベースのプロジェクトをデプロイする必要があります。簡単に始めるための手順を記載します:
  • 提供されている ルールプロジェクトを使うか、business central上で新規プロジェクトを作成
  • modelを作成するか、既存の modelを import
  • 前述した modelを使い、簡単な ruleを作成
  • プロジェクトを buildしデプロイ
Realtime Decision Server
以下の手順でルールプロジェクトを Rule Execution Serverにデプロイすることで、アプリケーションは提供された RestAPIを使いルールを実行できます。

JBoss Demo Centralで公開されている Realtime Decision Serverデモプロジェクトがベースになっています。
  • Deploy -> Rule Deployments from business-central を選択 
  • Register をクリックし、下記 server情報を登録する
    • Endpoint: http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/
    • Name: DevServer
    • Username:  erics
    • Password: jbossbrms1!
  • connect をクリックすると、サーバーが作成されるはずです
  • サーバーの脇にある + マークをクリック
  • ルールプロジェクト用にコンテナを作成する為のポップアップスクリーンが表示されるはずです
    • Name: container-loan1.0
    • groupid - artifactId - version
      • 情報を思い出せない場合は business centralを使い検索してください。アーティファクトが見つかれば、selectボタンを押すことで importできます
  • ルールプロジェクト用に作成され、REST serviceとして公開されたコンテナを、あなたのアプリケーションから利用することが可能です
  • DevServerという名前のサーバーを選択し、右上にある Startをクリック
お好きな RESTクライアントを使い、プロジェクトをテストすることができます

Realtime Decision Server用デモプロジェクトでは、Firefoxの REST Client extensionを使ったテスト方法をご紹介しています。もちろん、SoapUIなど、使い慣れたクライアントツールを使っていただいてかまいません。

このような endpointをご確認いただけるはずです。以下の例は私の環境で確認したものです:

http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/containers/container-loan1.0

出力結果:

<response type="SUCCESS" msg="Info for container container-loan1.0">
     <kie-container container-id="container-loan1.0" status="STARTED">
           <release-id>
               <artifact-id>loandemo</artifact-id>
               <group-id>com.redhat.demos</group-id>
               <version>1.0</version>
           </release-id>
           <resolved-release-id>
               <artifact-id>loandemo</artifact-id>
               <group-id>com.redhat.demos</group-id>
               <version>1.0</version>
           </resolved-release-id>
           <scanner status="DISPOSED"/>
     </kie-container>
</response>

適切な XMLでリクエストすることで、アプリケーションから公開したルールパッケージに REST経由でアクセスできます。

詳細については、Realtime Decision Server用デモプロジェクトに含まれる手順をご覧ください。サーバーにデプロイされたルールとどのように連携するか説明されています。

(*今回の記事は JBoss BPM Suiteを使いご案内しましたが、Realtime Decision Serverは、JBoss BPM Suite もしくは JBoss BRMS いずれの製品でも利用可能です。*)




原文: JBoss BPM Suite Quick Guide - Getting Started with the Realtime Decision Server by Eric D. Schabell

2015年4月27日月曜日

ようこそ Business Resource Planner、JBoss BPM Suite 6.1 のメンバーに加わりました

原文: JBoss BPM Suite 6.1 welcomes Business Resource Planner to the family by Eric D. Schabell

喜ばしいことに、最新リリースである Red Hat JBoss BPM Suite 6.1で、ビジネスリソースの最適化を助ける新しいコンポーネントがフルサポートになりました。

プランニング(計画)に問題を抱えていませんか?

複雑なリソース管理に悩んでいませんか?

JBoss BPM Suite に、ビジネスリソースの最適化やスケジューリングの為の新しい強力なツールが加わりました。Business Resource Plannerがいかに様々なプランニング問題に取り組むのかを学んでください。配送計画やスケジューリング(シフトの調整)など。または、クラウド上のサーバーリソースの管理などにも取り組めます。

まずは下記ビデオでご案内している Business Resource Plannerをご覧ください。

まだこのツールの素晴らしさに懐疑的であるならば、Business Resource Plannerに関するプレスをご覧ください。

このツールは、JBoss BPM Suiteのサブセットである Red Hat JBoss BRMS 6.1 でも利用可能です.

Business Resource Plannerで、最適化やスケジュールに関する課題を解決しましょう。


JBoss BPM Suiteの機能について調査される場合、OpenShift Onlineクラウドでホストされている無料のオンラインワークショップをご確認ください。



Business Resource Plannerワークショップを準備しているので、ぜひご期待ください。

2015年4月16日木曜日

Red Hat JBoss BRMS & JBoss BPM Suite 6.1 で何が新しくなった

原文: What's New in Red Hat JBoss BRMS & JBoss BPM Suite 6.1 Release by Eric D. Schabell

今日、ついに公開されました!

JBoss BRMSと JBoss BPM Suite 6.1のオフィシャルリリースにはいくつもの興味深い新機能が含まれています。

カスタマーポータルから製品をダウンロードし、ご利用いただくことが可能です。

実際にこの新バージョンをお試しいただく前に、概要をご案内します。

この記事では、新バージョンで導入されたいくつかの新機能と、すぐに商品をお試しいただける様々なデモプロジェクトをご紹介します。

改善された UIに興味を持たれる前に、これからご案内する新機能にまず 興味をもたれるでしょう。

新機能

  • Red Hat JBoss EAP 6.4 のサポート
  • リアルタイム Execution Server
    • スタンドアローンのルール実行環境で、クライアント用インターフェースには REST/JMS/Javaが用意されています。WARアーカイブで提供されており、サポート対象の Webコンテナ上にデプロイしてご利用いただけます。
  • Business Central の拡張
    • 管理者は、Business Centralの 画面/メニュー/エディター/スプラッシュ画面を追加設定することで、機能を拡張することができます
    • 限定的ですが Business Centralのロゴ/カラー/背景色を変更し、独自にブランディングすることが可能です
  • Task form の改善
    • 作成したフォームを外部アプリケーションに埋め込むなど、機能が追加されました
  • ビジネスプロセスによるドキュメントの取扱い
    • フォームに添付されアップロードされたドキュメントを処理する為のストラテジーを作成します
  • Business Resource Planner
    • 軽量の planningエンジンが、フルサポート対象として同梱されています。
  • ソーシャル機能
    • ユーザーの組織内における活動履歴をトラックする為の、ソーシャル機能が提供されました。ストリームからユーザーの活動履歴をフォローできます。
  • 注目すべきテスト済み構成
    • JDK: Oracle Java 8 と OpenJDK 8.
    • Browser: Firefox 31 と Internet Explorer 10, 11.
    • サーバー: Oracle WebLogic 12c と Red Hat JBoss Fuse 6.1 (Engineのみ).
    • データベース: Oracle 12c、 PostgreSQL 9.2 Enterprise、 DB2 10.5.
  • テクニカルプレビュー (まだフルサポートではありません)
    • Guided Decision Trees Editor
      • 簡単な決定木(decision tree)をモデリングする為のエディターが追加されました
    • アセット管理
      • リポジトリの管理機能が追加されました。(branch作成、バージョンイングやディストリビューションされたアセットの、branch間 移動、リポジトリの自動管理 有無)
このキラキラ輝く新機能を除き、ビルドすることなくすぐに製品をお試しいただけるような デモプロジェクトをいくつか用意しています。

デモの概要

JBoss BPM 手荷物対応プロセス
以下のデモプロジェクトは JBoss Demo Centralで公開されていますが、すぐにご確認いただけるよう転載しました。

新バージョンのインストーラーには、JBoss EAPが含まれないよう変更されています。JBoss BRMS/BPM Suite用インストーラーの他に、別途 JBoss EAP 6.4 インストーラーをご用意していただく必要があります。
  • JBoss BPM Suite インストールデモ
    • 製品をお使い頂くために、簡単なユーザー設定を含めたクリーンインストールが可能です
  • JBoss BPM Suite 旅行代理店のデモ
    • JBoss Travel Rest API application
    • 包括的な旅行代理店のデモ。webサービス、ルール、ガイド付きルール、不正好意の検出、補正、タスク、RestAPIを使ったウェブアプリケーションなどなどを使います。
  • JBoss BPM Suite 手荷物対応デモ
    • 旅行業界のデモ。ドメインモデル、ルール、ガイド付きルール、デシジョンテーブル、紛失した荷物の発送料を計算する為のスプレッドシート(Excel)を使います。
  • JBoss BPM Suite 住宅ローンのデモ
  • JBoss BPM 住宅ローンのプロセス図
    • 金融業のデモプロジェクト。ルール、ガイド付きルール、デシジョンテーブル、例外処理、Webサービスを使ったインテグレーション、ドメインモデルを使います。
  • JBoss BPM Suite 社員賞与デモ
    • 社員賞与デモは、ゼロから構築する JBoss BPM Suiteワークショップとして、ドメインモデル、ユーザータスク、その他 高度なBPM機能を紹介します。
  • JBoss BPM Suite 顧客満足度調査のデモ
    • ストレートスループロセッシング(straight through prceoss: STP)では、ドメインモデルと 潜在顧客の検証をするためにルールが利用されています。
  • JBoss BPM Suite 一般的なローンのデモ
  • JBoss BPM BAM レポート
    • 一般的な金融ローンのデモ。ルール、ガイド付きルール、タスク、モデル、シグナルを使用。
  • JBoss BPM Site ECM のデモ
    • 携帯電話会社のアクティべーションプロセス。ユーザーはサービス契約書類にサインをしてアップロードします。プロセス上で、ドキュメントを管理します。
  • JBoss BRMS インストールデモ
    • 製品をお使い頂くために、簡単なユーザー設定を含めたクリーンインストールが可能です
  • JBoss BRMS Cool Storeデモ
    • リテーラーを題材にしたデモ。ゼロから構築する JBoss BPMSワークショップとして、ルール、ガイド付きルール、ドメインモデル、ディシジョンテーブル、イベント、ルールフローを使います。
様々なデモプロジェクトは、dockerを使ったコンテナ単位のビルドも提供していますのでご留意ください。dockerを使ったビルドは、近日中に最新バージョンへアップデートされる予定です。

前述した新機能を使ったデモプロジェクトは、現在準備中です。

原文: What's New in Red Hat JBoss BRMS & JBoss BPM Suite 6.1 Release by Eric D. Schabell

2015年2月24日火曜日

webinarで使用したスライド - BPMで旅行業界を盛り上げるには

原文: Slides from webinar - How to excite the travel industry with a BPM story by Eric D. Schabell

以前ご案内したとおり、JBoss BPM 旅行代理店デモについて皆さんが知りたいことをご紹介する為、 webinarを実施しました。

たくさんの方にご参加いただきました。もしもセッションについて質問がある場合、スライドから出力されるポップアップウインドウを使い、私に直接ご連絡いただけます。

喜んでご質問にお答えしますし、セッションに関するコメントやフィードバックは喜んで受け付けます。恥ずかしがらずにお知らせください。

BPMで旅行業界を盛り上げるには
ビジネスプロセスの話をするにあたり、もっとも興味深い事例の1つに旅行業界があります。

インターネットを検索していただくと、たくさんのソリューションや広告、そして旅行業界用BPMソリューションを組み込んだ製品を見つけることができます。あなたが航空会社と話している時、手荷物のチェックインをしている時、旅行代理店のスタッフと予約について話している時、いずれも共通の複雑なビジネスプロセスを共有しています。その複雑なビジネスプロセスは、ルールやイベント、リソースプランニング、やプロセス処理といった概念を取り組む必要が多々あります。

今回の webinarでは、この業界を題材(旅行代理店のブッキングシステム)にしたサンプルソリューションについて深く考察します。ソリューションには、以下の要素が含まれます:

  • サービス間連携
  • 複数 タスク
  • 複雑な BPM要素(BPM elements)
  • ルールベースの 支払処理に関する不正検出

Red Hat JBoss BPM Suiteのより高度な機能概要と、ショーケースプロジェクト(JBoss BPM 旅行代理店デモ)を通し、より深く学んでいただけます。


いつもご関心を持ってお時間を割いていただき、有難うございます。


原文: Slides from webinar - How to excite the travel industry with a BPM story by Eric D. Schabell
投稿: Hisao Furuichi

2015年2月16日月曜日

Webinar - BPMで旅行業界を盛り上げるには

原文: Webinar - How to Excite the Travel Industry with a BPM Story by Eric D. Schabell

今迄、BPMにより旅行業界がいかに盛り上がるかお話し、動画を使い動作についてご紹介しbpmPaaSにショーケースをご用意しました。

JBoss BPM 旅行代理店デモで、他に何がご提供できるでしょうか?

旅行業界のユースケースを使い、ルール、サービス、ユーザータスクなどの活用方法について順を追って説明するライブ Webinarを開催します。

ライブは、2月24日火曜日 8:00 PT/11:00 ET/17:00 CETに開始します。(日本時間は 2月25日水曜日 午前01:00) この素晴らしいBPMを使ったユースケースを使い、いかに旅行業界を盛り上げるかお伝えします。ぜひオンラインの事前登録をお忘れなく。

How to excite the travel industry with a BPM story(BPMで旅行業界を盛り上げるには)
ビジネスプロセスの話をするにあたり、もっとも興味深い事例の1つに旅行業界があります。

インターネットを検索していただくと、たくさんのソリューションや広告、そして旅行業界用BPMソリューションを組み込んだ製品を見つけることができます。あなたが航空会社と話している時、手荷物のチェックインをしている時、旅行代理店のスタッフと予約について話している時、いずれも共通の複雑なビジネスプロセスを共有しています。その複雑なビジネスプロセスは、ルールやイベント、リソースプランニング、やプロセス処理といった概念を取り組む必要が多々あります。

今回の webinarでは、この業界を題材(旅行代理店のブッキングシステム)にしたサンプルソリューションについて深く考察します。ソリューションには、以下の要素が含まれます:
  • サービス間連携
  • 複数 タスク
  • 複雑な BPM要素(BPM elements)
  • ルールベースの 支払処理に関する不正検出
Red Hat JBoss BPM Suiteのより高度な機能概要と、ショーケースプロジェクト(JBoss BPM 旅行代理店デモ)を通し、より深く学んでいただけます。

webinarでお会いしましょう

原文: Webinar - How to Excite the Travel Industry with a BPM Story by Eric D. Schabell
投稿: Hisao Furuichi

2015年2月4日水曜日

AMQPを使用して企業間の情報交換を効率化する方法

原文: Maximize information exchange in your enterprise with AMQP  Kenneth Peeples
ビシネスの世界においては企業内に限らず、複数の企業にまたがった効率的な情報のやり取りが必要になるケースがあります。コスト削減とビシネスのスピードアップを実現するためには、情報の相互交換・総合運用を実現するオープンなメッセージングの仕様が必要になります。Advanced Messaging Queue Protocol (AMQP)は、オープンなワイヤーレベルのメッセージングプロトコルの仕様です。

AMQPに関するWebinarの紹介をいたしますので、ぜひご参加ください。

・AMQPとAMQPを使用したアプリケーションの紹介
・AMQPの機能とその有用性
・企業システムにAMQPが最適な理由
・JMSのような他のメッセージング仕様とAMQPとの違い
・AMQPを利用することで実現できるトポロジーとアーキテクチャ

Webinarの中ではRed Hat® JBoss® A-MQでAMQPを用いたデモを紹介します。A-MQはパフォーマンスに優れた柔軟性の高いメッセージングプラットフォームです。
他のメッセージング指向アプリとどのようにメッセージを交換しあうかデモを通して体験していただきます。

スピーカー: Kenndth Peeples, JBoss テクノロジー エバンジェリスト, レッドハット

日付: 2015/02/18 (水)
時刻: 11 am ET (日本では2015/02/19 (木) 1 amより開始)
所要時間: 1時間
対象者: 技術者
登録先URL: https://vts.inxpo.com/scripts/Server.nxp?LASCmd=AI:4;F:QS!10100&ShowKey=23745&AffiliateData=70160000000enXLAAY&Referrer=http%3A%2F%2Fwww.redhat.com%2Fen%2Fabout%2Fevents%2Fmaximize-information-exchange-your-enterprise-amqp

原文: Maximize information exchange in your enterprise with AMQP  Kenneth Peeples
投稿:Akinori Kohno #playIntegration